看護師

女性特有の病気|子宮筋腫は放置してはいけない

胎児の健全な成長のために

ガイダンス

妊娠期の食事の留意点

子どもの健康な成長のために、妊娠期の食事が重要であることは広く知られています。また、やせすぎや太りすぎなど、妊婦の体型が胎児にもたらす影響も大きいので、バランスのとれた食事で、適正体重を維持することが重要です。さて、妊婦の食生活では、様々な栄養素をバランスよくとる必要がありますが、中でも妊婦だからこそ摂取すべき栄養素があります。不足しがちなカルシウムや鉄分などに加え、特に妊娠初期には葉酸を摂取することが推奨されています。これは胎児の先天性神経管異常を防ぐために重要な栄養素であり、可能であれば妊娠前から十分に摂取しておくとよいとされています。妊活中の女性は、できるだけ日々の食事で十分な葉酸が摂取できるように工夫するとよいでしょう。

食事を補うサプリメント

葉酸はほうれん草から発見されたビタミンで、水溶性ビタミンであるビタミンB群に属します。水溶性ビタミンは、体内に蓄積しておくことが難しいという特性があります。葉酸の不足は、妊婦では胎児の神経管異常につながり、それ以外の場合では赤血球に障害が起きたり、悪性貧血の原因となることがあります。葉酸を多く含む食品は、緑黄色野菜やレバー、果物などですが、加熱調理や保存によって壊れやすいので、出来るだけ新鮮な生の状態で摂取することが望ましいとされています。特に妊婦では、通常の約2倍の葉酸が必要です。普段の食事で十分な量を安定して摂取することはなかなか困難であるため、食事に加えてサプリメントなどで補うとよいでしょう。